ドイツ・ミュンヘンの公園でサーフィンを楽しめる!【TVでも話題に】

By | 2014/08/23
River Surfing Munich


River Surfing Munich

ドイツ・ミュンヘンの川でサーフィンを楽しむ

ドイツ・ミュンヘンで、海がないにも関わらずウエットスーツ姿でサーフボードを持ち歩くサーファーがよく目撃されています。一時期、各メディアでも取り上げられ、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

彼らが行っているのは、「リバーサーフィン」という新しいスポーツで、ミュンヘン中心街東側にある英国庭園の中のアイスバッハ川でサーフィンを楽しんでいます。

海と違い沖まで行く必要もなく、ボードから落ちてもすぐに陸にあがれる気軽さなど、ビギナーからベテランまでたくさんの人達で賑わっています。

59325013_4e4899689d_z

ミュンヘンでもかなり有名な観光スポットで、サーファーのみならず、リバーサーフィンを一目見ようという人が世界各国から集まっています。常に波はあるので、季節や時間など気にしないで良いのもリバーサーフィンの醍醐味の一つです。

そして、なによりサメがいないのが個人的には嬉しいです!海外ではサメに襲われて命を落とすケースも少なくありません。その点、川なら安心ですね。コンクリートはちょっと怖いですが…。

120524_03_01_004雪の中でサーフインを楽しむ猛者まで…。

アイスバッハ川までのMAPはこちら。ミュンヘンの中心部にあるマリエン広場から、15分ほど北上した所にあります。

そして、こちらの動画は、「O’NEILL」のアンバサダーを務めるシティサーファー3名の映像。DJやグラフィックデザイナーと、それぞれ仕事は異なりますが、インスピレーションを求めてアイスバッハ川でリバーサーフィンをしている様子です。映像自体がまるでCMみたいで見応えがあります。

サーフィンをしない人でも見てるだけで十分に楽しめる観光スポット。ミュンヘンに立ち寄った際は、足を運んでみてはいかがでしょうか?

関連記事 : ドイツ・ハンブルクで今一番人気の観光スポット『ミニチュア・ワンダーランド』


Share A COMMENT
コメントをシェアしよう