モーリシャス島にある「海中の滝」がすごい!まるで大地の裂け目のような壮大さを持つセレブのリゾート地

By | 2015/04/20
モーリシャス


ドラクエだったらぜったい奥に神殿あるだろ…。

ども!TravelPress”Ark(あるく)“です。

上の画像はマダガスカルの東約900kmに位置する「モーリシャス島」を上空から捉えた写真です。「海の中に滝がある!?」と思った方もいるかもしれませんが、実はこれ、ある角度から撮影したときにだけ巨大な滝が出現したように見える錯覚なんです。

決して滝の奥には神殿もないし、世界の終わりも来ないのでご安心を。(いや、神殿あったほうが男心くすぐって嬉しいけどね…)

 

「インド洋の貴婦人」と呼ばれるほど美しい景色が広がるモーリシャス島

日本ではあまり馴染みのない「モーリシャス諸島」は、マダガスカルの東約900kmに位置する島で、面積は沖縄本島の約1.5倍ほど。世界屈指の超高給リゾート地として有名で、毎年世界中のセレブが訪れることから「インド洋の貴婦人」と称されています。

モーリシャス-02

モーリシャスの年間平均気温は24~29度で、熱帯地域でよく見られる高温多湿の島。空気がとても澄んでおり、WHOによる発表では世界で2番目に空気がきれいな場所とされています。(世界一はタスマニア)

『トム・ソーヤーの冒険』の著者であるマーク・ トゥエインは「神はモーリシャスを最初に創り、そしてモーリシャスを真似て天国を創った」と語るほどモーリシャス島の魅力にどっぷりとはまっていたとかいないとか…。

たしかに、画像を見ただけでも「ここは天国か!?」と思うほど、その美しさは伝わってきます!

モーリシャス-03

モーリシャス-04

モーリシャス-05

モーリシャス-06

モーリシャス-07

島全体が「ラグジュアリー&洗練」をモチーフにしており、ハネムーンで訪れる人が多いです。また、シュノーケリングやプールなどはもちろん、ライオンと一緒に散歩できるアクティビティなんてのもあります!

モーリシャス-07

モーリシャス-08

 

モーリシャス島の歴史や豊かな自然、珍しい動植物たち

歴史

モーリシャスの歴史は、1505年にポルトガル人探検家が発見したことから始まっています。しかし、1638年にオランダ人が植民を開始するまで原住民はおらず、無人島状態。

その後もフランス→イギリスと統治国が変わり、それと同時に島の名前も変更されています。モーリシャス島の以前の名前は「フランス島」でした。

自然

島の中で一番に目につくのはモーリシャス南西端に位置する標高 556 mの山「ル・モーンブラバン」。

モーリシャス-10

モーリシャス-11

モーリシャスでもとびきりの見晴らしを誇り、2008年の世界遺産委員会で「自由を求めた奴隷たちの戦いのシンボル」として評価され、世界遺産への登録が認められました。

動植物

モーリシャス島は特別な気候ということもあり、世界でも特に稀少な絶滅危惧種「マンドリネット」の生育地です。マンドリネットの生育地は世界に3カ所しか残っておらず、46本しか咲いてない貴重な植物です。

モーリシャス-13

また、モーリシャス島は過去に存在したと考えられている超大陸「ゴンドワナ大陸」の一部だったと言われており、特殊化した動物が目立っています。中でも、現在は絶滅してしまった「ドードー」という動物がいるんですが、モーリシャスはドードーの故郷として知られています。

モーリシャス-14

不思議の国のアリスにも登場することで有名です。あと、ポケモンのドードーのモデルだよね!…多分。笑

 

モーリシャス島にある「海中の滝」の謎。答えは地形と光によるもの

モーリシャス島の一番の見所といえばやっぱり「海中の滝」。島を南西部の上空から見た時にだけ現れます。

なぜ海中に滝が現れるのかというと、答えは「地形と光」。波によって破壊されたサンゴが複雑な地形を作り、さらにそこに光の屈折が様々な色を織りなすことにより、人間の目が錯覚を起こすというもの。

さらに砂よりも小さく粘土よりも粗い堆積物(シルト)と呼ばれる物質が、水の色を変えてよりリアルな滝を生み出しています。

画像だけ見ると「波があって危険じゃないの?」と思うかもしれませんが、実際は穏やか〜な海で、水深も10メートルぐらいしかありません。

モーリシャス-09

モーリシャス島へのアクセス

行き方は複数ありますが、日本からはドバイ乗り継ぎのエミレーツ航空を利用するのが一般的。およそ17時間のフライトです。

モーリシャス島は12~2月がベストシーズンで、3つ星ホテルに宿泊できる6日間のハネムーン旅行の場合約19万円からとなっています。

セレブ感覚でリッチな旅行をしたいという方は、モーリシャス島に訪れてみてはいかが!?

モーリシャス-15

これぞまさに天国ぅー!!

via & photo
Wikipedia – モーリシャスSTWorld – http://stworld.jp/feature/MU/about/Pouch – http://youpouch.com/2013/01/23/100843/カラパイア – http://karapaia.livedoor.biz/archives/52182797.html


関連記事はありませんでした

Share A COMMENT
コメントをシェアしよう